YOCCOのボーカルyokoのオフィシャルブログ
by yoccoradio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:poem( 34 )

heart tree
毎年同じ場所に

同じように飾られるクリスマスツリー

あの日君と見たクリスマスツリー

どうしてもまた見たくて、

今年は一人で見に来たんだ

周りにはあの頃のあたしと同じ顔をした人達が沢山手をつないで

クリスマスツリーの写メールを撮っているよ

キラキラ紫色したハート型のイルミネーションを見ると

何度でも思い出すよ

一緒に入ったレストラン、

君が買ってくれたハートのピアス、

おしゃれとか苦手な君にプレゼントした赤いパーカー

照れくさそうに着てくれたね。

どこを見回しても2人が一緒にいた証拠なんてなくて、

他の知らない誰かが幸せそうに笑っているよ

君はこんなこと思い出さないんだろう

出会った日の事も

ここにもきっとこないんだろうね

それでもあたしは大事にしまっておくね

君と出会えたこと、それがいつまでも消えることのないあたしの

クリスマスプレゼントだから

c0131619_22462242.jpg

[PR]

by yoccoradio | 2007-12-17 22:51 | poem
リメール
いつまで続くのだろう

長く色のない迷路ー

捨てられない私の悪い癖が

君との思い出を蘇らせる…

何度しまい込んだって

いつだって取り出せるずるい癖

昔の携帯

君とのメール

出逢った頃のあたしがそこにいた

巻き戻しなんてできないけど、

あの頃確かにあった気持ちだけは

大切にしたいと祈るよ

一番幸せに近づく気持ちは

変わらないはずだから…
[PR]

by yoccoradio | 2007-11-25 03:03 | poem
幸せの素
c0131619_22335783.jpg


見つめているんだ

ぼんやりと

「ミライ、みらい、未来」

最近好きな言葉。

少し前まで、

「今」

しか見えなかった、見ようとしてなかった。

精一杯すぎて、ちっちゃくて、

「それだけで充分」なんて言い張って、

ずっと変わらないはずの「幸せの素」

探すの後回しになってたんだ

今は少しゆっくり、

前を見られる気がする

あたしがずっとたどり着きたかった場所

見失ってはいなかったんだ

きっとみつかる

まっすぐ探して、

まっすぐ間違えて、

たまに転んで、

泣いて、

もう一度目を上げて、

また探して、

見つけたら、

もう迷わずに、

しっかりつかんで見せるから、

その時

一緒にいた君と

微笑み合うのが

最高の未来だね、きっと。

それまで、

がんばるよ。
[PR]

by yoccoradio | 2007-11-14 22:34 | poem
僕はきっと...
僕はきっと 君の為に

生まれて来たような気がするから

僕が持ってるものは全部

あげたいって思うんだ

君に出会うまでの僕は

どこにも座る場所がなくて

いつまでも待ちぼうけ

バスを待つ人みたいに...



君が僕の持ってるもの全て

気に入ってくれるか分からないから

ちょっとずつ ココロの中

ほどいてみせるから

君と出会ってから

一人じゃないって思えるようになったんだ

だから君は僕の全て

それだけは変わらないよ

一度想うとずっとおもいつづけてしまう僕だから

君が心変わりしても気にしないで。

君を想う=幸せになれる

そんな僕だから
[PR]

by yoccoradio | 2007-11-12 23:09 | poem
オモイデ
いま あたしの頭の中ごちゃ混ぜになって

ぐるぐる心を色んな方向へ動かすのは

君との想い出

やさしかった君は、もういなくて

跡形もなく、さらりと消えてしまった

残るのは、このナミダ.....?

ううん、それさえもすぐに消えてしまうもの

「どこまでも歩いていける」

そう信じていたのは

私だけだったのかな

もう一度出来るなら

もう一度会えるなら伝えたいこと、

「ありがとう」。そして

ここにある、あいのうたを

ここにある、一番優しい声で

歌ってあげたい。

c0131619_234968.jpg

[PR]

by yoccoradio | 2007-11-01 23:50 | poem
HAPPYの法則☆
今の幸せが見えにくいとき、

息がしにくいとき、

5年位先をタイムトラベルする。

今を辞めたら、もっと幸せなのかな、

5年後の自分に聞いてみる。

そうでもないらしい、

「今のまま一生懸命いて」

そう返ってきた。

じゃあと、密かにおまじないをかける。

それは、自分の中の、言葉に出来ないくらい小さくて、人には言えないパンの耳のような部分を、

誰も知らないところで耐えた自分を、

ちょっぴり誉めてあげること。

そこんとこは自分でしか誉められないでしょ♪

どんな悲しみも苦しさも栄養になる。

そう信じて丈夫に育ってみせると決めた

あの日からー
[PR]

by yoccoradio | 2007-10-05 01:41 | poem
HERO
c0131619_22451952.jpg

あの日に止まったはずの時計が

時空を超えて

動きだしていた…

久しぶりの君の顔は、

あの時と同じ、

いや、あの時より輝いて見えて

眩しすぎるよ。

憧れの君は、

今でもやっぱり憧れのまま。。。

自信たっぷりに見えて、

人一倍努力してることを誰にも見せない君を、

紫色の空の下、いつまでも見ていたんだ。

校庭の真ん中で、ただまっすぐに、無駄な動きなんてなく、

黄色い光を乗せて走る君を。

私も負けないように、

今この瞬間を

輝いてみせるよ。

いつかまた会えたら、

会えなかった間の

話をたくさんしよう。
[PR]

by yoccoradio | 2007-09-18 22:45 | poem
宝物
時間がどんなに経っても

変わらずにあるもの

そんなものを探して

今日も歌う

あなたの零しかけたぬくもり

見つけたら、

私の小さな音にのせて

届けるよ

今日の出会いで見つけた

大切な人の

大切な笑顔は

ずっと宝物になるから…

明日も笑っていてね。
[PR]

by yoccoradio | 2007-09-01 23:51 | poem
ニュートラル②
同じ時間(とき)過ごしても

君と僕とでは

一コずつ違うカタチ

残してしまうの...

ココロカプセル

一度閉めたら簡単には開かないから

ずっと開けたままで行こう「ニュートラル!」

ねえ天気が良すぎるね鎌倉の海が見たいな

ゆっくり長く走り続けて

紫色大きな空が愛しく見えたらそうだ

何も言わないであの曲をかけて
[PR]

by yoccoradio | 2007-08-28 22:07 | poem
ニュートラル①
愛しあう君と僕の間に太い壁

どんなに強く叩いても壊れてくれない

でもねその壁には

まあるくて小さな穴が開いていて

ガラス玉のように君が見える

そんな時嬉しくなって君ともう1つ見たい

景色があるから車走らすんだ


キレイな夜の海いつまでも消えないでいて

想い出なんかにしないと誓った...
[PR]

by yoccoradio | 2007-08-27 23:26 | poem